05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

最高裁判所裁判官国民審査

2009.08.30 (Sun)

衆議院選挙の投票をに行くと
一緒に投票用紙を手渡される、あれです。

棄権が出来るんですね。
恥ずかしながら、今まで知りませんでした

国民審査は、投票用紙を受け取らないか
受け取っても返却することが出来ると
旦那さんが教えてくれました。
投票所にもその旨は掲示されてると
調べていくうちに分かってきたけど・・・
投票所ってキョロキョロできない雰囲気醸し出してるから
そんなの掲示は見たことがない

裁判官の生活が結果次第で大きく変わるのに
少ない情報だけを頼りに
やみくもに不信任にするわけにはいかんよなぁ、と
毎度思ってたんですよね。
日本って知らないと正確な意思表示も出来ない国なのねぇ。

私みたいな人、きっと少なくないと思うんだけど
もう少し何とかならないものかなぁ?
21:19  |  Diary  |  Comment(3)

Comment

うわー。ワタシもそんなの知らなかったよ。
よっぽどのじゃなきゃ、わからないからいつも白紙。最高裁なんて今まで縁がなかったしね。
でももう、そうも言ってられないですね。
シェル |  2009.08.30(日) 23:29 | URL |  【編集】

そうなんだよねぇ・・

俺の場合は過去の判例などを参照して
不信任をだしたんだけど
その判例を調べるのも代表的なものしか
なかなか調べられなくて苦労したんだけど

棄権に関しても告知が少なすぎる!!


なんか、いまの選挙は報道に左右されすぎだと思った選挙でした
かなた |  2009.08.30(日) 23:42 | URL |  【編集】

>シェルさん
私もずっと白紙で出してましたi-202
そして今回、旦那さんが教えてくれたのは
投票所を出た後…
どうせなら出かける前に言ってほしかったです(笑)

>かなた
告知が少ないよねぇ。
選挙は余計なのも含めて情報量が多すぎて鬱陶しい位だったけど。
考えてみれば、国民審査の棄権も、出来て当然なんだけど
まず、その方法が分からないんだもの・・・
知らなきゃどうにも出来ないわi-229
tomolynn |  2009.09.02(水) 00:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。