09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

Carnegie55 神辺店

2010.08.08 (Sun)

ご当地バーガー、人気ですね。
最近、岡山の佐世保バーガーチェーンが
福山にオープンしたそうなので行ってきました。

201008081459000.jpg

スペシャルバーガーレギュラーサイズ ¥530
ポテト・ドリンク付のAセットを付けてプラス¥300
合計¥830

具材はチーズ、玉子、ベーコン、玉ねぎ、トマト、レタス、パティ。
少し甘めのマヨネーズソース?で味付け。
ベーコンは厚くて存在感があり、パティも若干薄めだけどジューシーで
肉!という主張があって美味しかったです。
が・・・残念なのはバンズ。
店頭のサイズ見本がくたびれてるだけかと思ったら
商品のバンズも妙に薄くて具材とのバランスがあまり良くない。
惜しいなぁ。

「上からぎゅっとつぶして食べるのがおいしい食べ方」

とメニューに書いてあるけど、その必要性がないくらい。
オープンしたてで店の人がスモールと間違えたんですかね?
フライドポテトはくし型で外はかりっ、中はホクホクの揚げたて。
見た目以上のボリュームがあったので
ラージサイズやアメリカンバーガーのセットは男子向きかな。

それにしても大人気。
昼をとっくに回った時間でも混んでました。
今回は現地に着いてから注文したので
並ぶ+注文後の待ち時間で合計30分かかったけど
電話注文して取りに行けば早いかも。
佐世保バーガーの定義のことを考えれば

・メイドイン佐世保
・手作りで
・注文を受けてから調理する(作り置きは×)

少々待っても当たり前ってこと

ちなみにご当地・佐世保観光コンベンション協会の認定制度は
佐世保市内に住所を有するのが原則のようです。
http://www.sasebo99.com/sight_sasebo/bgnintei.shtml

岡山のチェーンだから当然認定店ではないわけですが
まぁ佐世保に行く機会もそうそうないし
手近で雰囲気を楽しめるのも考えようによってはありかな、と。

しかし値段設定が少し高めですね。
実際に佐世保にある店も大体このくらいの金額ですが
観光地で食べる名物の価格としては許せる範囲でも
他の土地、まして飲食の物価が安いこの町で
うまく定着するのかな~?という気もしています。
22:09  |  Diary  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。